バナー

クレジットカードを紛失したらどう対処すれば良いか

外出中に財布やカードケースをなくしてしまうと、そこにしまってあったクレジットカードも一緒になくなってしまう可能性が高いです。

もし、クレジットカードを紛失してしまったら、できるかぎり早くカード会社に問い合わせてカードの効力を停止させる手続きをとりましょう。



クレジットカードは犯罪に度々利用され、なくしたまま放置すると勝手に商品を購入されたり、マネーロンダリングに利用されたりするおそれがあります。


このため、ほとんどのカード会社では、通常のサポートデスクとは別に、盗難や紛失の際に利用できる専用デスクを設置しており、24時間いつでも受け付けています。



問い合わせ先さえわかればいつでも対処してもらえるので、携帯電話に専用デスクの番号を登録しておくと良いでしょう。

専用デスクに問い合わせると、カードを無効にする手続きの後に再発行を依頼することができます。
ここで依頼すると、およそ2週間後に新しいカードが自宅に届きます。


カード番号は以前のものから変更となるので、クレジットカードで支払っているサービスがある場合はカード番号の変更手続きを忘れないように行いましょう。



ただし、再発行は国内にいるときにしか依頼することができず、国外で紛失した場合は原則として帰国してから再発行の手続きをとらなければなりません。

しかし、クレジットカードが無いと不便な場合は、国外専用の緊急再発行カードの発行を申請することができます。

緊急再発行カードの機能は基本的には通常のカードと一緒ですが、カードによっては特典の一部が利用できなくなっている場合があるので注意が必要です。