バナー

クレジットカードの追加カードを取得するメリット

クレジットカードは原則として本人以外の者が利用することはできませんが、追加カードを発行できるようになっているカードであれば、配偶者や子供にもカードを利用させることができます。

追加カードを取得するメリットの一つは、ポイントをためやすくなることです。



現在、ほとんどのクレジットカードで導入されているポイントプログラムは、追加カードの所有者が商品やサービスの代金をカードをつかって決済した場合も加算される仕組みになっています。会員に家族がいて追加カードの発行ができる場合は、家族に持たせた方がより多く、そしてより早くポイントをためられるようになります。



たくさんのポイントが必要となる特典を狙っている場合は、家族にカードを持たせると良いでしょう。また、家族で旅行をする機会が多い会員にとっては、追加カードの所有者も保険やサービスの適用対象者となることもメリットといえます。


グレードの高いクレジットカードの多くは、追加カードの所有者にも会員本人と同じかそれより少し劣る程度の内容の旅行傷害保険が適用されるほか、空港ラウンジサービスやレジャー施設の優待においても会員本人が利用する場合と同程度の内容が提供されます。



追加カードは、会員本人が持つクレジットカードより年会費が安くなっていることが多く、中には無料になっているカードもあります。

発行可能な枚数には上限があり、所有者には会員本人と同様に計画的な利用が求められますが、それさえ注意できれば追加カードは非常に便利です。